カードローンとは?利用するメリット・デメリットは?

カードローンとはカードローンやクレジットカードなどを使って、必要なとき自由にお金を引き出したり、返済したりすることを指します。ズバリ言ってしまえば借金ですが、「借金」という言葉には厳しい取り立てや自己破産といったマイナスイメージがつきまといます。過去の一時期には、消費者金融から過重な借金をしたために生活を破綻させるケースが多く、社会問題となっていました。カードローンとはこれらの負のイメージを払拭するために、金融業界が普及させた言葉と考えられます。
カードローンを利用するメリットは、どうしても必要なお金を、親戚や友人に頼らず用意できることです。一般の借金には担保や保証人が必要で、審査期間が長く、手続きも面倒になるのが普通です。カードローン低金利の業者などを使えば、比較的簡単な審査でお金を借りることができます。担保も保証人も不要で、最短なら申し込んだ即日に融資を受けられることもあります。いざというときに間に合う便利さが、カードローンの最大の利点と言えるでしょう。
逆にカードローンのデメリットは、金利が高めに設定されていることです。住宅ローンや自動車ローンなどに比べると、担保物件がないこともあって、金利が高くなるのはやむを得ません。このデメリットを解消するには、できるだけ早めに返済することが大切です。つまりカードローンとは、短期間だけ借りて短期間で返すのが基本の、機動的な金融サービスと位置づけることができます。