いなばのペットフードについて

いなばは主にカツオやマグロの缶詰メーカーとして成長してきた会社ですが、ここからキャットフードやドッグフードのペットフードを専門に手がける会社、いなばペットフード株式会社が生まれています。もともろカツオやマグロの缶詰といえばそれはドッグフードというよりもキャットフードに近いことは言うまでもないでしょう。ですから、キャットフードがメインの会社となっており、CIAOブランドはこのメーカーのトップブランドです。
そもそもキャットフードはどのようなものを原料として作られているのかといえば、もちろん魚や肉がメインなのですが、どんなメーカーのキャットフードでも新鮮な原材料を用いているとは限りません。人間がとても食べられないような原材料を用いて加工しているメーカーも多いのです。それは売り場では明確に値段の差となって現れます。値段が高いキャットフードはただ暴利なわけでもなく、値段が安いキャットフードがただお買い得とは限らないということです。
新鮮な魚や肉を使っていないということのほかに、安い製品の中には例えば骨、血液、皮膚や皮、内臓といったそもそも食用として適していない部位を混ぜて使っていることもあります。言うまでもなく原価の安い具材を混ぜて量を増やし、グラムあたりの値段を下げるためです。
いなばのペットフードはこのような原材料は一切使用していません。そのため若干値段は張りますが、猫のことを本当に考えたものになっているのです。

ペットフードおすすめランキング!犬や猫に人気のごはんは何?はこちら

Comments are closed.