プロミスの利息の計算方法

消費者金融や銀行からお金を借りる場合は借りたお金に利息を付けた上で返済を行っていく必要があり、借りた金額だけを返済すれば良い訳では無いです。プロミスからお金を借りる場合も当然同じであるのですが、ここではプロミスでお金を借りた場合に発生する利息の計算方法についてお話をします。

まず、計算を行う時には金利がいくらであるのかを知る必要があります。金利とは借りたお金に対して生じる利子の割合を表しています。そしてプロミスの金利というのは実質年率の事であって一年間借りた場合の割合を示しています。実際に計算を行う場合、一日単位で計算を行う必要が出てくるのでそれに合わせて年率から換算して計算を行わなくてはならないです。換算するのはそれほど難しくは無く、1年は365日なので365で割り算をする事によって一日当たりでの金額を求める事が出来、その金額に借入日数を掛け算する事で借りた日数分の金額を求める事が出来ます。

計算方法は以上のようになりますが、計算方法を理解する事でどうすれば支払いの総額を少なくする事が出来るのかもきちんと理解する事が出来ます。例えば、給料日前にお金を使い過ぎてお金がほとんどなくなってお金を借りようとする場合に給料日で返済するつもりでいたとします。その場合に余裕を持って早めに借りるのと本当に必要となった時点で借りるのとでは、本当に必要となってから借りた方が借入日数が少なくなるので支払総額は少なくなります。
http://pms-kinri.info/

カードローンとは?利用するメリット・デメリットは?

カードローンとはカードローンやクレジットカードなどを使って、必要なとき自由にお金を引き出したり、返済したりすることを指します。ズバリ言ってしまえば借金ですが、「借金」という言葉には厳しい取り立てや自己破産といったマイナスイメージがつきまといます。過去の一時期には、消費者金融から過重な借金をしたために生活を破綻させるケースが多く、社会問題となっていました。カードローンとはこれらの負のイメージを払拭するために、金融業界が普及させた言葉と考えられます。
カードローンを利用するメリットは、どうしても必要なお金を、親戚や友人に頼らず用意できることです。一般の借金には担保や保証人が必要で、審査期間が長く、手続きも面倒になるのが普通です。カードローン低金利の業者などを使えば、比較的簡単な審査でお金を借りることができます。担保も保証人も不要で、最短なら申し込んだ即日に融資を受けられることもあります。いざというときに間に合う便利さが、カードローンの最大の利点と言えるでしょう。
逆にカードローンのデメリットは、金利が高めに設定されていることです。住宅ローンや自動車ローンなどに比べると、担保物件がないこともあって、金利が高くなるのはやむを得ません。このデメリットを解消するには、できるだけ早めに返済することが大切です。つまりカードローンとは、短期間だけ借りて短期間で返すのが基本の、機動的な金融サービスと位置づけることができます。